遠距離恋愛でやりがちな4つのNGパターン

恋愛

こんにちは ちろりあんです。

今回は 遠距離恋愛初心者さんが陥りやすいやりがちNGパターン

について解説していこうと思います。

 

この記事のターゲット
    • 遠距離恋愛が初めて
    • 遠距離恋愛にも出会い方は様々で、始まったもののまた違った感覚や経験で
      何が正しくて何が違うのか、周りにもそういう経験の人がいれば心強いけど
      全くいなくてどうしたらいいかわからない。
    • 離れていて寂しくて不安定になった、毎日がつらい。
    • どうしたらこのもやもやがまぎれるのかヒントが欲しい。

恋愛にもさまざまあって、その中でも遠距離恋愛が一般的にはうまくいく人の割合が普通に付き合っている場合とくらべると、お互いの気持ちや意思疎通をしていくことの難しさが増して、うまくいく割合が少ないんじゃないか?という認識が多いみたいですね。

実は私も遠距離恋愛4年を経てその後同棲を3年し籍をようやく入れることができて無事遠距離恋愛はうまくいく人の割合が低いと言われる中の1人になりました。(えらばれた~)
なのであくまで私が経験し感じたことや、私が大切にしたことを書いてますのでそれが正解、というわけではないですが、少しでも遠距離されている方の気持ちが軽くなったら、そう思い書かせていただきますね 。

スポンサーリンク




①詮索すぎる、束縛する。

これは初めから遠距離の人にもそうでない人にも当てはまるんですが、離れているからこそお互いの気持ちはとても大切です。ですが結論から言うと環境が違うこと、生活スタイル事態が違うので極力合わせることができたとしても全ては無理です。①でいう詮索しすぎるについて例を挙げるとすると ある程度お互いのスケジュールが何となくわかっていてこの時間帯には大体返信がくる、こないや。休日は○○に行くことが多い。これ以外のことは彼彼女から深く聞かないこと、聞きすぎないことが大切だと思っていて、スケジュール自体がいつもその通りでないこと、彼の私生活を詮索しパターン化しすぎて決めつけることで「いつもはすぐ連絡くるのに」「今日飲み行くとき女の子いないって言ったのに…」など本心では彼が大好きで彼、彼女の為に考えていたことなのにと方向性が歪み本来の気持ちが解らなくなってしまいます。

離れているからこそ架空のことで悩まされないこと、あることないことで膨らんだ感情はやがて違った感情にも膨らむ。体と心が疲れ自分も見失ってしまう。

待っている時間ではなく自分を磨くこと、たのしい時間を考える
「既読になってもまだ返信が来ない」「他のことは一緒は嫌だからいかないで」
気持ちに嘘はつかなくても大丈夫です、そのままありのままでいいです。そんな貴方だ
からこそ離れても付き合いたいと思ったんです、だったら~、会えるまでの時間を逆算
しながら会うまでのプランづくりや洋服などリサーチをしていきましょう!暗いことば
かり考えるとせっかく連絡しても気持ちが浮ついてなにをはなしたらいいかわからなく
なります、だったら、「これこの間○○くんがいいなってゆってたとこの近くにショッ
ピングモールがオープンしたんだって!調べたら○○もあるんだって!」「こんな感じ
の服次ぎあう時着てこうかなって思って」など、彼もワクワクするような展開にもなりますし、自分もそれまで磨けるので一石二鳥です。プラスに考えましょう♪

②自分本位になり自分優先になる。

「何であってくれないの?」「最近冷たいよねわたしは○○のことそんな風にしないよ」すべて主観になってしまい言わなくてもいいような事や感情が出てきて彼を考えている時間が辛くもなってきたりと、自分の寂しさが相手も同じであることはわかっていても、周りと比べてしまってやるせない気持ちになり、つい自分のわがままを叶えたくなってしまいます。私もありましたよそういう時期、、、けど自分だけじゃないんです。その気持ちは彼、彼女も同じでどこにぶつけたらいいか解らないんです、それも同じなんです。気持ちの波が高まれば高まるほど荒れてしまい、沖に戻れなくなってしまう。自分でもどこにSOSの旗を出したらいいのかわからず私も沢山溺れました。そんな時はシンプルでいいんです。

 

素直に言葉にする、励ましてあげる。

寂しいときは寂しい、会いたいときは会いたい。気持ちを素直にシンプルにです。

私の経験上めんどくさく思われたくなくて気づかれないように遠回しに言うことも

あったけどそっちのほうがかえってめんどくさくなってることを言い合いの時に言われ

たりなんかして(笑)けどわたしは寂しいの!ギブミー!の要求ではなく、その為に今

こうして頑張っていること、同じ気持ちでいること、同じ境地にいる貴方たちだからこそ励まし合い違う嬉しい楽しい感情の波を大きくしなければいけません。お互い高め合いながら日々に目標を持ち、会う時までのボルテージを高めあえたら寂しくても会えた時の喜びは何倍にもなっていい思い出になりますよ。それは私が経験しています。大丈夫です。

 

③相手を信じられなくなる。

この時私なんか、やっぱり無理なんだ。とか思ってませんか?まだ始まったばかり、恋愛は駆け引きも大切とは言いますが、私は恋愛経験が遠距離のほうが長く他は付き合ったことがあるのは高校ぐらいで、むしろ恋愛そんな興味なかったんです、遠距離をし、一緒の家に住んで知り合ってから今までで7年経ちますがそんな駆け引きなんかいらずにわたしはなんとな~くでここまできました、むしろ駆け引きスキルがお互いあったらまたなんか違っていたかもですね。話に戻ると、この時の思考として自己嫌悪や自分に自信がなくヤキモキし不眠になりやすい体にも心にもよくないことが起こりやすい未病に繋がりやすい状態です、未病って何…?について気になる方は関連記事に出しておきますね、とっても重要ですよ…!これは離れている彼彼女関係なく、生活や職場での思考にも左右され、頭で考えていることと行動が伴わなくなり気力もなくなりやすいんです。

信頼できる友人に相談、SNSで同じ境遇の人を探す。

同じ境遇でなくても信頼できる友人や先輩に相談しましょう。

「話してもわかってもらえない」なんて思わず、わかるわからない以前に周りは貴方のことを心配しているかもしてません、何か力になれないかなと貴方も逆の立場なら思うはずです、それが経験したことがないことでも、「それは分野じゃないんでわかんないなぁ~」よりまず先に話を聞く側に絶対回ってくれるはずです。

④ルールをつくりすぎる。

「じゃあ○○の時に連絡してね」「夜は○時から話そう!」「誰かと会うときは写真送ってほしい」「帰るときは連絡すること」などなど、その時その時ならまだいいかなぁ、かわいいなぁと思いますが慣れない境地故の互いのお約束、お互いの心配もありますが、それをルーテイン化して大丈夫な人とそうでない人がいます。真剣な交際だからこそルール化することで時間管理や大切さにきずいたり、それも勿論ありです。ですが初めての遠距離で付き合い立てなのであれば、互いのサイクルを把握するまではきっちり決めすぎないことをお勧めします。わたしも初めは浮かれてロマンチックに彼しかいない、彼との時間なら苦じゃない!と、ラビリンスしていました、、、それは彼も同じでどこかドラマのような、非現実感があって、、自分に酔ってしまっていた時に朝と夜おはようとお休みは絶対言う!帰るときは連絡しなきゃ!みたいな、自分の中でこれをすることで離れていても気持ちがこれで伝わっている、わかってくれるはず!なんて頭の中でスパークしていた頃が懐かしいです(笑)そう、誰もしてない経験をして酔ってしまったんですよね、けどその時間は寂しくもあり辛いのですがなんかそれがいい!みたいなドラマみたいな錯覚減少が起きたりするんです。

ちろりあん
ちろりあん

しゃべりすぎたな、落ち着きなさい

話を戻すとそのルールは独自のルールで会ってそれが相手によっては受け入れられるケースもあれば、ラビリンスしすぎてついていけず「へ?どういうこと」となってしまうケースもあるので一概にこの人なら何でも要求をのんでくれると思わないほうが良いということ。

 

二人でしっかり話し合う。

一人よがりな暴走をしている時こそ客観的に見れず自分世界になりがちなので「そのルールはちょっと…」となった時

「エ、ヘンナコトユッタ??」のようなパラレルに陥ってしまいがちなので自分の考えを押し付けルール化する前にどんなことをこれから気を付けて意識すべきかを二人で意見を出し合って決めたほうが一人で考えたルールより大きなものになると思う。そ

そこでちゃんとお互いの考え方や向き合い方が明確に少しづつなっていき、互いの考え方や発した意図が理解できて深まってゆけると信じている。

 

最後に

遠距離恋愛は初めのステップがいかに相手のことを思いやれるかが大切で、初めは自分本位になって気持ちが辛いことばかりでしんどいけど、久しぶりに会った時の喜びは二人が今まで頑張ってきたご褒美であり当たり前ではない特別な時間。

その貴重な時間のために日々仕事や生活があってうまくお互いの歯車を合わせなければいけなくて、その合わせるタイミングは難しいけれどゆっくりゆっくり時間をかけて二つの歯車がかみ合うように今いる別々の環境も同じように大切にしなければいけません、思いやりの先がきっと素敵な赤いバージンロードに繋がることを私は願い、これからも遠距離恋愛経験者であるわたしはそんな皆さんを応援しております!

 

ちろりあん
ちろりあん

思いやり、大切!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました